企画展「山頭火と衣食住」

 旅する俳人として知られている種田山頭火は、大正15年~昭和7年9月までは“旅を住みか”とし、昭和7年9月から昭和15年10月に亡くなるまでは庵を構えて暮らしました。そのような生活の中で山頭火はどのような身支度で過ごし、どのような食生活をしていたのでしょうか。庵ではどのような暮らしをしていたのでしょうか。
 今回は、前期には「衣」「食」、後期には「住」とテーマを分け、旅の時代と庵住生活の時代それぞれの句や日記等から、生活する一人の人間としての山頭火をご紹介します。山頭火の日々の営みをご覧ください。

<開催期間>
前期 令和4年3月18日(金)~6月12日(日)
後期 令和4年6月17日(金)~8月28日(日)

関連イベント

・学芸員によるギャラリートーク

<前期> 4月9日(土)、5月14日(土)、6月5日(日)
<後期> 6月25日(土)、7月16日(土)、8月13日(土)
各回14:00~ 30分程度

・人気投票企画第2弾 ~「食」の句~

館内に掲示した食にちなんだ山頭火の句の中から好きな句を選んで投票!
参加者全員に当館オリジナルの栞を参加賞として配布するほか、最も票を獲得した俳句を選んだ方の中から、抽選で5名に記念品を贈呈します。

<投票期間> 3月18日(金)~6月12日(日)
<結果発表> 7月23日(土)

天神山公園で自然観察&句作

ソラール学芸員による解説を聞きながら自然を観察し、同時に山頭火ふるさと館学芸員による解説で自然を詠んだ山頭火の句を味わいます。散策後、自由律俳句の句作に挑戦してみましょう。

<日時>5月21日(土) 10:00~12:30

※詳しい申込方法等は後日お知らせいたします。

親子でワークショップ
 オリジナル思い出の句うちわを作ってみよう!

夏休みにちなんだ自由律俳句を作り、白地のうちわに句を書いて周りを水彩絵の具や折り紙で飾り、オリジナルうちわを作りませんか?

<日時>7月31日(日)、8月6日(土)、8月27日(土)
    いずれも14:00~15:15
<対象・定員>小学生(保護者同伴)・各回6組まで
<参加費>1組 100円(材料費)

※詳しい応募方法等は後日お知らせします。