ページの先頭へ戻る

今月の一句

過去の「今月の一句」をご覧になれます。

山頭火ふるさと館 今月の一句

 
     オトメ
ひかりは空から少女らはおどる
昭和九年十一月


●解説
 この句は昭和九年十一月十二日の日記に記されています。


 小郡(現・山口市小郡)の其中庵に落ちついて二年が過ぎ、句友と語り合ったり、俳句を作って句集を出版したりという日々を過ごして
 いました。しばしば旅にも出ており、この年の春は信州上伊那(長野県伊那市)にある井上井月(いのうえせいげつ)のお墓参りに行こ
 うとしました。ところが途中で体調をくずし、墓参を果たせないまま帰庵します。

 その後山頭火は、心身ともにすぐれない状態が続きました。そんな中でも「よし、ほんたうの私の句を作らう、作らなければならない、
 それが私のほんたうの人生だから。」
(『其中日記』昭和九年十一月七日付) と、句作に励もうと自らをふるい立たせています。  

 山頭火は気晴らしによく散歩をしました。句の記された前日もよく晴れて日記には「午後散歩、折から女学校の運動会、ちょっと見物、(以下略)」 とあり、このときのことを詠んだ句のようです。晴れわたる空の下、秋の日差しがふりそそぐ様子を少女らにスポットライト
 が当たっているように表現しています。
 当時の小郡には小郡高等女学校がありました。前書きにある女学校とはおそらくこの学校と思われます。其中庵からも近く散歩の際に近
 くを通ることもあったのでしょう。沈みがちな気持ちで歩く山頭火に対し、明るい日差しの中で踊る少女らはまぶしく輝き、別世界のよ
 うですが、その対比も想像できる興味深い句となっています。


     ※井上井月…幕末から明治初期の俳人。
           もとは越後国長岡の藩士とされるが詳細は不明。信州を放浪し、三十余年を上伊那辺りで過ごした。