ページの先頭へ戻る

六月の一句

山頭火ふるさと館 六月の一句


水田青空に植ゑつけてゆく
昭和七年六月


●解説
 この句は、昭和七年六月十七日、下関・川棚の木下旅館に宿泊している時期に詠んだものである。山頭火は川棚が気に入り、木下旅館には数か月留まっていた。
 この日の日記を引用する。

    このあたりも、ぼつぼつ田植がはじまった、二三人でも唄もうたはないで植ゑてゐる、田植は農家の年中行事のうちで、最も日本
    的であり、田園趣味を発揮するものであるが、この頃の田植は何といふさびしいことだらう、私は少年の頃、田植の御馳走ー煮〆
    や小豆飯やーを思ひだして、少々センチにならざるを得なかった、早乙女のよさも永久に見られないのだらうか。

このように、田植の時期になったが、近ごろ田植の行事が寂しくなったと綴っている。

 しかし、この句には、そのような批判的な目線はない。詠んでいる情景としては、単純に、青空が映っている水田で田植えをしている情景である。

 山頭火は水面に何かが映っている情景を句に詠むことがよくある。

     水に朝月のかげもあつて(昭和七年)
     朝の雲朝の水にうつり(昭和七年)
     月も水底に旅空がある(昭和八年)
     水にうつりて散つてゐるのは山ざくら(昭和十四年)

 これらの中でも、今回の句では、青空が映る水田を「青空」と言い切っており、「青空に植ゑ」る、というように幻想的な印象を与える表現をしている。
 山頭火の句の中でも、表現に工夫をしているもののひとつだと言える。

newpage2.htmlへのリンク