ページの先頭へ戻る

八月の一句

山頭火ふるさと館 八月の一句


うぶすな神のおみくじをひく
昭和七年八月


●解説
 この句は、昭和七年八月四日、小郡に其中庵を結ぶ一か月ほど前のものです。八月一日に川棚から移動し、其中庵に住めるようになった九月二十日まで、山頭火は小郡の友人の家に居候していました。
 小郡にやってきてすぐ、山頭火は汽車で大道へ向かい、親類を訪れていたようです。そして八月四日、この句が詠まれた日の日記を引用します。

   露の路を急いで展墓(有富家、種田家)、石古祖墓地では私でも感慨無量の体だつた、何もかもなくなつたが、まだ墓石だけは残つ   てゐたのだ。
   青い葉、黄ろい花をそなへて読経、おぼえず涙を落した、何年ぶりの涙だつたらうか!
   それから天満宮へ参拝する、ちようど御誕辰祭だつた、天候険悪で人出がない、宮市はその名の示すやうにお天神様によつて存在し   てゐるのである、みんなこぼしてゐた。
   酒垂公園へ登つて瀧のちろちろ水を飲む、三十年ぶりの味はひだつた(略)

山頭火が子供の頃も、この句を詠んだ昭和七年の頃も、現在と同じように御誕辰祭が行われていたことが分かります。
 この句にある「うぶすな」は、「産土」と書き、生まれた土地の守り神のことを言います。山頭火にとっては防府天満宮が「うぶすな」であり、それはふるさとを離れたのちも変わらぬ思いでした。おみくじを引くなど、お祭りを楽しんでいる様子が伝わってきます。
久しぶりにふるさとの地を踏み、思い出の場所を訪れ、旧友とも再会し、翌日五日の日記には、

   名残は尽きないけれど、(略)再会を約して別れる、八時の列車で小郡へ。

と記しています。ふるさとを去り、それでもふるさとを想い続けた山頭火にとって、この日は、ふるさととの感動の再会の一日だったのでしょう。

newpage2.htmlへのリンク