ページの先頭へ戻る

企画展

特別企画展「山頭火を囲む人々」

平成30年7月6日(金)~10月8日(月・祝)

休館日 毎週火曜日(祝日の場合は次の平日)

種田山頭火は、その数奇な人生の途上、さまざまな人物と出会い、互いに影響を受け合ってきました。
この特別企画展では、それら影響を与えた人物たちの中から、「新傾向俳句」を生み、山頭火の憧れであった「河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)」、「自由律俳句」を提唱し、山頭火の師であった「荻原井泉水(おぎわらせいせんすい)」、山頭火に通ずる人生を送り、互いを意識しあった「尾崎放哉(おざきほうさい)」を取り上げます。

展示作品紹介

  • 干潟のひるの家をよびたて
     (河東碧梧桐)

  •        わら屋ふるゆきつもる 
           (荻原井泉水)
             
  •       元日の灯に家内中の顔がある 
             (尾崎放哉)
              
  •        山頭火・井泉水の書
         (種田山頭火、荻原井泉水)

          

主催 (公財)防府市文化振興財団
後援 防府市、防府市教育委員会、防府市文化協会、山頭火ふるさと会