ページの先頭へ戻る

山頭火ふるさと館


ごあいさつ

  平成二十九年十月七日、種田山頭火顕彰記念館が山頭火の生誕地山口県防府(ほうふ)市に「山頭火ふるさと館」としてオープン
 いたしました。三十五歳 でふるさと防府を離れ 、帰りたくても帰れなかった山頭火がやっとふるさとに帰ってきました。山頭火が
 防府のまちに帰ってきたのは百年ぶりになります。
 

  山頭火はふるさとを想いながら句をつくり、漂泊の旅を続けた孤高の俳人です。大切な母を亡くし、家庭の事情もあってふるさと
 防府を逃げるように去った山頭火は、松山で亡くなるまで波瀾万丈の人生を送りました。

  一人行乞の旅を続けながら山頭火が詠んだ句は約八万句と言われており、現在残っているのはそのうち一万二千句です。多くの素
 晴らしい句を残した山頭火は、現在では「昭和の芭蕉」、「自由律俳句の代表」と言われています。

  山頭火の強烈な生き様や句は現代人の心を捉え、大正・昭和・平成・令和と時空を超えて輝き続けており、あらためて山頭火とい
 う人間の生き様に触れながら、句を味わってみると、彼が残してくれたものが確かな一筋の光となって見えてきます。


  山頭火は、いったい私たちに何を残したのか、山頭火が残した一筋の光、本館ではそれを皆さまにお伝えすることができたらと
 思っています。
  ぜひ一度、山頭火ふるさと館にお越しください。お待ちしています。

                                 山頭火ふるさと館
                                   初代館長  西  田   稔


 

山頭火ふるさと館からのお知らせ




10月6日(日)山頭火ふるさと館書道コンクール表彰式を行いました。
受賞者はこちらから

9月13日(金)より企画展「周防三羽烏~山頭火と白船・碧松~」を開催いたします。詳しくはこちら

2019年4月1日より観覧料を無料化しました。
お気軽にお立ち寄りください。


・2019年度の年間企画展案内を作成しました。こちらからご覧ください。
・第二回山頭火ふるさと館自由律俳句大会を開催いたします。詳しくはこちらをご覧ください。
・所蔵図書の館内閲覧サービスを始めました。所蔵図書一覧は館内にてご覧いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。


   ボタンで詳しいページをご覧になれます。

 

  

新着情報